トップ

介護と訪問マッサージ

訪問マッサージとはなにか

訪問マッサージの特徴

訪問マッサージとは一体どのようなことを行うものなのでしょうか。寝たきりの生活をしていると筋力が無くなっていくということは、長期入院の経験がある人なら実感されたことがあると思います。

筋肉が衰えると同時に、関節なども動かしにくくなって、寝返りをうつことすら困難な状況になってしまうことがあります。寝たきりで介護が必要な人の体の負担が少しでも軽くなるように行われるのが訪問マッサージです。

訪問マッサージの特徴は、体の機能回復と痛みの緩和などを目的としたマッサージや鍼灸の施術を行うというところにあります。自宅に直接伺うため、利用者さんが施設に出向く必要がなくご家族にとっても楽なのです。

医師の指示書があれば健康保険対応で施術を受けることができるので、費用も安いのが嬉しい点です。介護保険との併用も可能なので、1回あたりの費用は300円から500円くらいとされています。きちんと診察を行った上での施術ですので安心して受けることができます。

対象となる人は寝たきりの人だけではありません。車椅子や歩行器を使って生活している人、一人で歩行することが困難で介助が必要な人、付添者がいなければ外出することができない人、日常生活の中で体に動かない箇所や痛みを感じる箇所があり生活が困難である人などです。

訪問マッサージは、身体的な面だけでなく、心理的な面でも役立ちます。マッサージ師とのコミュニケーションにより気持ちが安らいだり、気分転換にもなります。

訪問マッサージを行うスタッフからご家族へのアドバイスも可能です。マッサージ中、マッサージ後は体が楽になりますが、次に施術を受けるまでの間、どうすれば楽に過ごせるのか、家族ができるケアは無いのかなどについて相談ができます。

Copyright © 訪問マッサージとはなにか. All rights reserved.